Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
子育て

ママが働くというのは、予想以上にうまく行かない

 

こんにちは、てすらです。

子育て中、お母さんが「働いているのか」「専業主婦なのか」というのは、お家によってさまざまだと思います。
私は娘が6歳なのですが、その数年の間にも、働くということについて色々考えることになりました。

今回は、私が働いたり、働かなかったりした時のお話をしたいと思います。

 

妊娠から出産後の専業主婦時代

妊娠中から娘が3歳ころまで、私は専業主婦をしていました。
経済的に余裕があったからそうした、というわけではなく、

 

・引っ越して間もなく、土地勘が全然なかった
・子育て自体初めてでとっても不安
・義両親と同居しているわけではない

 

といった理由から、まずは子育てと新しい土地に慣れようということで、専業主婦をやらせてもらいました。
やはり初めての子育て、なにもかもわからないことだらけで、大変不安な日々だったなと記憶しています。

 

ただ、夫側の両親や親戚の方も気にかけてくれ、私の友人も気にして連絡を取ってくれていたおかげで、何とか乗り切れたように思います。
変な話、まだ子どもが小さいですから、体力的には大変でしたが、複雑なトラブルなんかはありませんでしたしね。

 

しかし、これでもし仕事もしていたら?と思うと、正直ゾッとします。
この後書かせていただくことにも関連するのですが、小さい子が居る状態での仕事は、思った以上に仕事に集中できません。

「再就職が大変だから」と、短い育休でお仕事に復帰なさるお母さんもいらっしゃいますが、自分と家庭の状況を冷静に見てみて、全部は無理!と思ったら、思い切ってお仕事をやめてみるの、私はアリだと思います。

 

娘が幼稚園に入るのを機に内職を初めてみる

娘が保育園に入れなかったり色々あった後、幼稚園に入園することになりました。
私は「娘から手が離れる時間ができる!」ということで、内職を初めてみることに。
と言っても、特に手先が器用なわけでもないので、やったことはクラウドソーシングでお仕事を受注する形式のライターでした。

 

久しぶりのお仕事、締切にもきちんと間に合うようにスケジュールを立てて、頑張って家計を支えるぞ!と張り切っていたのですが、

 

全然うまく行きませんでした。

 

理由は、子育てをすでに経験されている方なら、容易に想像できることなのかもしれません。

 

生まれて初めての集団生活に身を投じた娘は、ある日は熱を出し、別の日は嘔吐し、といった感じで、すぐに帰ってくることが多かったのです。
私が、「今日はがんばるぞー!」なんていう日に限って、「お迎えお願いします」と電話がかかってくる。

 

もう何度作業を中断したかわからなくて、次第に娘が体調を崩していることへの心配よりも、仕事が進まないイライラの方が強くなってきました。

 

そんな私を見て、夫は「何のために仕事してるの?」と聞いてきたのです。

 

そうです。
確かに最初は、家族3人の生活を楽にするために、始めた仕事だったはず。
それなのに、仕事に気を取られて、娘の体調へ注意がいかないようでは、本末転倒ですよね。

 

その会話をきっかけに、私が仕事をするにはまだ早かったんだということになり、また少し仕事をお休みすることにしました。
小さいお子さんを園に通わせながら、在宅で仕事をするということは、一見すると楽な印象を持つ方も居るかもしれません。

 

しかし、在宅ワークの多くが出来高制である以上、思っている以上に大変なことは多かったです。
ですので、子育てをしながら、作品作りなどのお仕事を継続されている方は、本当に本当にすごい方だと思います。

 

 シュフは仕事が何回変わってもいいと思う

こんな感じで、働いてはみたもののすぐにやめてしまい、見方によってはダメなお母さんと言われてしまうと思います。
これは本当に何を優先するか、という話になってくるんだと思うのですが、少なくとも私にとって生きていくためのお金を得る仕事は、娘より大切ではなかったということです。

 

仕事でストレスを溜めると、家庭環境が簡単に壊れます。
簡単に思える意思疎通でさえ、うまくいかなくなります。

 

私は特にそれが顕著だったので、仕事してイライラするくらいなら、家族にもっと気を配ろうという考えに至りました。
そんなこと言ってられるほどお金がないんだけど!と言われてしまいそうですが、うちも特別お金持ちではありません。

 

ただ、その時がむしゃらに働いてイライラして娘や夫に当たり散らし続けたら、後になって絶対に後悔すると思いました。
それを回避する方法が、私は「やるべきことを減らす」だっただけです。

 

こう書くとダメ主婦っぽいかもしれないのですが、人生のステージを踏まえて長い目で見て、今は仕事すべきでないと思ったら、その気持ちは別に間違いなんかじゃないって私は思います。

 

子どもの幼少期なんてすぐ終わってしまいますし、子どもと信頼を築くチャンスもあっという間に過ぎ去ってしまいます。
だからもし、家族とのコミュニケーションがうまくいかない!仕事もあるのに!と、イライラすることが多い方は、ぜひ一度

「その仕事、今適切な立ち位置かな?」

と考えてみてほしいと思います。

もしかしたら、もっと余裕が生まれる働き方があるかもしれないし、
もしかしたら、働きすぎなあなたをご主人やお子さんは心配しているかもしれません。

今は終身雇用の時代でもないのですから、ひとつの仕事に固執しすぎる必要は、全くないと思います。
お父さんであれお母さんであれ、無理をして体を壊したり、心がすさんで家族が不仲になるのは悲しいことだと思いませんか?

 

なので、私は家族みんなが健康で元気で、仲良くいられるように、ひとつひとつベストを尽くしていきたいと考えています。
もし、「仕事がつらくてやめたい。家庭に専念したい」と思っている方がいらっしゃるとしたら、その気持ちは悪ではありません。

 

本当の本当にそう思っているのなら、家族に相談してみましょう。
家に居てもできることがあるかもしれませんし、きっと黙っている方が、あとあと家族の歪みになってしまいます。

 

逆に、「仕事をやめる」以外のこんな方法で解決したよ!という方が居たら、ぜひ教えてください。
まだまだ子育ても序盤の私ですので、今後の参考にさせて頂きます!

それでは最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください