子育て

黄昏泣きには効果的な対処法がある!?海外で言う「コリック」とは


 
こんにちは、てすらです。

多くのお母さんが、黄昏泣きに悩んだ経験、あるのではないでしょうか?
おむつも授乳も済ませて、思い当たることは何でもしているのに泣き止まない……

産後の体力が消耗している時には本当につらいものです。

その黄昏泣きについて、こんなツイートを見つけてびっくりしたので、ご紹介します。

 

黄昏泣きって対処法があったの!?

びっくりです。
黄昏泣き。夕方になるとなんだか物悲しくなって、何をしても泣き止まない魔の時間…

あれもダメ、これもダメと振り回されるお母さんは数知れず。

その黄昏泣きが、「なんだか物悲しくて泣いてる」わけではないですって……!?

一生懸命黄昏泣きを乗り越えた身としては、衝撃の事実です。

 

コリックは生後間もなくお腹にガスが貯まること

 

少し調べてみると、日本でも「お腹の不調かも」という情報は見つけることができます。
イタリアではまさしく、「お腹の不調によってガスが溜まる不快感で泣いている」とされているみたいですね。

赤ちゃんの胃腸はまだ未発達なので、消化不良を起こしてお腹にガスが溜まるそうです。

なので、カテーテルで直接ガスを抜いてあげることで、不快感を解消してあげると…

私は「お腹の不調」というワードにすら行き当たっていなかったので、目から鱗です。

カテーテルをおしりから入れるということで、やはり危険もあるのはわかるのですが、
お腹の不調が原因だってことくらい教えてよー!という気持ちでいっぱいですね……

 

でもカテーテルは怖いし売ってない

イタリアではこのように扱われている黄昏泣きですが、実際日本でカテーテルを手に入れることはできません。
日本でできる対処法はないのでしょうか?

道具を使わない対処方法はこちらのようです。

これだけでも教えてくれたらどんなに助かったことか……!!

いま黄昏泣きや夜泣きに悩んでいるお母さん、ぜひお試しください。

 

カテーテルが使えるのはお国柄の問題も

確かに日本で導入して何かあった場合、いろいろと面倒なことになりそうです。
「自己責任で」使える人が多いという環境がないと、カテーテルのようなデリケートなものを扱うのは難しいのかもしれません。

また、カテーテルを使用しているイタリアでも、

このように「赤ちゃんに使うための商品」としては販売していないようです。
なので赤ちゃんに使った場合何があっても自己責任だよ、ということみたいですね。

それにしても、黄昏泣きに具体的な原因があるなんて本当にびっくりです。
知ることができて良かった…!

日本ではまだ解決しない育児の悩みも、外に目を向ければ意外な形で解決するのかもしれませんね。

 

【11/5】追記

その後、件のツイートをされた方が改めて詳細な認識をお話していましたので、こちらもまとめておきます。

 

 

最近の記事:子どもを産んでから歯科矯正することになった話③

クラウド出産ファンディングを見て考えた5つのこと

「今やろうと思ってたのに!」現象の原因と対策

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください