Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
レビュー

簡単!セスキ炭酸ソーダを使った血液汚れの落とし方

こんにちは、てすらです。

衣服や布団に血液汚れがついて困った!という経験、ありませんか?
女性なら予期せぬ生理でうっかりということもありますし、小さいお子さんがいる家庭なら「起きたら鼻血が出てた!」なんてこともあります。

そして、時間が経ってしまった血液って、普通の洗濯ではなかなか落ちないんですよね…。

そんな時に役立つのが「セスキ炭酸ソーダ」。

アルカリウォッシュという名前で売られていることもあります。
これを使えばしつこい血液汚れもサッと落とすことができるんです!

ではさっそく使い方をご紹介していきましょう。

 

部分汚れへの使い方

先日ちょうど娘が寝ている間に鼻血を出したのですが、その時わたしのパジャマにも飛び火したのがこちら。

時間が経って茶色く固まってしまっていますね。
こうなるとそのまま洗濯機にかけても、なかなかきれいに落ちません。

 

ここに、少量のセスキ炭酸ソーダと水をふりかけて、もみ洗いをしていくと……

 

 

あっという間に落ちました!

もみ洗いする際も、力を入れてゴシゴシする必要は全然ありません。
やさしくもみ洗いするだけで、だんだんと落ちていくので、生地を傷めることもナシ!

あとは普通の洗濯ものと一緒に洗濯機にかければキレイになります。

ただ、生地の種類によっては不具合が生じないとは言い切れないため、念のため生地の端などで試すと安心です。
わたしは今のところ「この生地はダメだった!」というものには当たっておりません。

 

 

広範囲の血液汚れへの使い方

部分洗いの時はこれでいいのですが、

かなりしっかり血液がしみ込んじゃってる!
もみ洗いじゃなかなか落ちない!

といったケースもあると思います。

そういう場合はつけおき洗いがオススメ。

手順としては、

  1. ぬるま湯(40度以下)でサッと予洗いをする
  2. セスキ炭酸ソーダを溶かしたぬるま湯に投入
  3. 翌日、洗濯機で洗う

といった感じです。

血液は50~60度でかたまり始めるため、予洗いやつけおきするぬるま湯の温度には注意しましょう。

つけおきに使うセスキ炭酸ソーダは、水500mlに小さじ1(5g)程度が目安です。

 

このつけおき洗いの効果は抜群で、生理用の布ナプキンの汚れも同じ方法でキレイに落とすことができます。

何日も放置してしまったのでなければ、たいていこの方法でキレイになりますよ!

 

子育てをしていれば、どうしても衣服が血液で汚れるということも増えてきます。

血液汚れで困ったときには、ぜひセスキ炭酸ソーダでのお洗濯、お試しあれ!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください