Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
雑記

iPhoneのバッテリー劣化の確認方法!交換の申し込みも今ならお得に!

こんにちは、てすらです。

少し前にappleが「iPhoneのバッテリーは経年劣化しますよ~」みたいな発表をしていましたよね。

それを見て、

「わたしのiPhone、大丈夫かな?」「そういえばすぐに電池がなくなっちゃう」

なんて思った方も多いのでは。

実はつい最近、iOSのアップデートによりバッテリーの状態を簡単に確認できるようになったんです!

その方法と、バッテリー交換についてのお得な情報をキャッチしたのでシェアします!

 

対象の製品・iOSのバージョン

まずは今回のアップデートについて、対応している製品・バージョンを確認しましょう。

バッテリー状態の確認は、iOS11.3から利用できる機能になります。

そして、製品としてはiPhone6以降の対応になります。

 

iPhone5sなどはiOS11に対応していないため、今回の機能は使用できません。

また、ipadについても今回の機能の対象外となっています。

 

 

バッテリー状態の確認方法

ではいよいよ、バッテリーの状態を確認していきます。

 

まずは設定を開いて、バッテリーを選択。

 

 

そこから、バッテリーの状態(ベータ)を選択。

 

 

そして、「最大容量」のところをチェック。

この数字が100%から下がっているほど、バッテリーが劣化しています。

 

バッテリー交換するなら今年がチャンス

バッテリー状態を確認して、「結構劣化しちゃってるな」と思った方、

ぜひ今年中に交換してしまいましょう。

というのも、appleでは2018年12月31日までバッテリー交換を3200円(税抜き)で申し込むことができるんです!

これ、なんと保証対象外の製品のお値段なんです。

applecareなどの保証対象はもちろん無料でバッテリー交換が受けられます。

なお、バッテリーの劣化以外に画面割れ等がある場合、先にそちらを修理する必要があります。

こちらの修理費用については別途かかったりするので注意。

 

まとめ

というわけでiPhoneのバッテリーについてでした!

iPhone6sを長く使ってらっしゃる方なんかも多いと思いますので、この機会にぜひバッテリーの状態をチェックしてみてくださいね。

それでは!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください