生活

コーヒー豆の保存には冷凍庫がオススメ!その理由とは?

こんにちは、てすらです。

コーヒー豆の保存方法については色々なことが言われていますが、みなさんはどのように保存していますか?

実はいろいろある保存方法の中でも、コーヒー豆の保存には冷凍がオススメなんです。

常温や冷蔵庫で保存している方も多いと思いますが、冷凍保存にすると驚くくらい風味が長持ちするんです!

では、他の保存方法に比べて冷凍が優れているのはどうしてなんでしょうか?

コーヒー豆と冷凍の関係について詳しく見ていきましょう。

 

コーヒーは生鮮食品

まず大前提として、コーヒー豆は生鮮食品だってご存知でしたか?

コーヒー豆のおいしさには、鮮度が深く関わってきます。

同じ生鮮食品である野菜やお肉、お魚などと一緒で、鮮度をいかに保つかが重要になってきます。

コーヒー豆の鮮度については別で記事にしていますので、そちらもご覧ください。

 

コーヒー豆を保存するとき避けるべきもの

生鮮食品であるコーヒー豆の劣化を防ぐために、防ぐべきとされる要素は4つあります。

 

水分

コーヒー豆は細かな穴がたくさん開いており、空気中の水分も含めて水分を吸着しやすい性質があります。

野菜などの生鮮食品も水分を多く含んでしまうと早く悪くなってしまいますよね。

コーヒー豆は野菜などより見た目でわかりにくいですが、同じく水分を避ける必要があります。

水に塗れるのはもちろん、湿気の多いところに置くのは避けましょう。

 

酸素

すべてのものは空気中の酸素と結びつくことで、酸化という現象が起こります。

金属を長く放置すると錆びるのも、空気中の酸素と結びついて酸化しているからですね。

コーヒー豆も同じく、空気に触れていると酸化が進み、風味が損なわれてしまいます。

ですので、保存の際はなるべく空気に触れないよう保存するとよいでしょう。

 

高温

日の当たる場所やあたたかい部屋などに置いておくと、劣化のスピードが速くなります。

生鮮食品は基本的に、あたたかい場所に置くと悪くなってしまいますよね。

劣化のスピードをなるべく遅らせるためには、涼しいところで保存するのが望ましいでしょう。

 

太陽からの紫外線や、蛍光灯の光などがあたると劣化してしまいます。

保存の際は光を通さない容器に入れるか、棚の中などの光の当たらないところに置くとよいです。

 

 

密閉容器×冷凍が最強

以上の条件を満たす保存方法として、わたしがオススメするのは

密閉容器に入れて冷凍庫に保存する方法です。

 

密閉容器と言ってもいろいろありますが、ビンや缶では冷凍庫で場所を取りますし、空気をきちんと防げません。

なので、ジップロックのような袋状のものがオススメです。

喫茶店などでちょっといいコーヒー豆を買っている場合は、パッケージ自体が酸素や光を防ぐものになっていることがあります。

その場合は、パッケージの袋の口を閉じて、袋ごとジップロックに入れるとグッドです。

 

このような密閉の袋に入れることで、コーヒー豆を湿気酸素から守ることができます。

さらに、この袋を冷凍庫で保存することで高温紫外線から守ることができます。

 

同じ条件では冷蔵庫という案もありますが、冷蔵庫は冷凍庫に比べて開閉する機会が多くなりますよね。

そのため、開閉の際に生じる気温差で湿気を含んでしまうことがあります。

温度変化のより少ない冷凍庫の方が、コーヒー豆の保存には向いていると言えます。

 

冷凍した豆はどうやって使う?

冷凍したコーヒー豆でコーヒーを淹れる場合ですが、特に解凍の作業は必要ありません。

豆でも、挽いた粉の状態でも、冷凍したからといってカチコチに凍るわけではないのでそのまま使えます。

豆は凍ったままミルで挽いて、粉はそのままドリッパーにセットします。

粉がすこし固まっている場合は指でほぐせば大丈夫。

冷凍庫から取り出してそのまま使えるので便利ですよ!

 

まとめ

買ってすぐのコーヒー豆で淹れるコーヒーはおいしいのですが、常温で1週間も置くとすこしずつ風味が失われていきます。

ジップロックに入れて冷凍庫で保存するだけで、1週間後2週間後の風味はぜんぜん違います!

コーヒー豆を多めに買っておくという方はぜひお試しくださいね。

それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください