Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
趣味

自分の絵を好きになるまでに15年かかった

こんにちは、てすらです。

創作活動って色々ありますけど、みなさんは何か趣味で創作をしますか?

それとも、創作物を楽しむのが好きなタイプでしょうか?

 

わたしは創作をするのが好きです。

文章を書くのも、絵を描くのも、動画を作ったりするのも好きです。

 

中でも絵はそれなりに長く描いていますが、自分の絵を自分で好きになるまでに15年くらいはかかりました。

今日は、「自分の絵はうまくないけど好き」と思えるまでの話をさせてください。

 

絵を描き始めた頃

いわゆるマンガみたいな絵を描き始めたのは、小学5年生くらいであったと記憶しています。

当時クラスの一部で、なかよしとかりぼんみたいな少女漫画雑誌の、お気に入りのカラーページをトレースする遊びが流行りました。

 

わたしも例に漏れずお気に入りののカラーページを破ってファイリングし、暇を見てはなぞって「絵が上手い人」の気分を味わっていました。

そうやっていると、今度はクラスで絵をなぞらなくても上手に描ける子の存在が目立ってきました。

 

単純に「すごい!」と思ったわたしは、自分もなぞらないでイラストを描くことに挑戦します。

でも、最初ですからね。

そりゃもうひどい出来でした。

 

特に印象的だったのは「お前手がヘタクソだな!」と言われていたこと。

大真面目にこういう手しか描けませんでした。

自分でも思った以上に脳内の映像のアウトプットができず、「うそでしょ……」と絶望したものです。

今でも手への苦手意識は消えていません…。

 

それでも始めたばかりの頃はとにかくイラストを描くのが楽しくて、マンガやイラストをずっと描いていました。

 

 

絵を描く環境としては最高だった中学・高校時代

中学になると、どうやら「同人即売会」というものに、自分の作品を出している人がいると知ります。

部活にもマンガイラスト部があったので、そこの人たちはどんどん作品を作ってはイベントで頒布していました。

そこでわたしもやりたいなと思ったのですが、この時点でわたしの立ち位置は決まってしまったように思います。

 

やりたくて仕方がない人や、行動力がある人は一人でも何でもちゃっちゃとサークル参加してしまうんですよね。

 

もちろん中学生ですからお金の問題もあったのですが、わたしは誰かと一緒じゃないと怖くて自分の作品を外には出せませんでした。

一度だけ友達とサークル参加をしましたが、わたしの本だけは売れることはありませんでした。

厳密にいうとわたしがいない間に1冊売れたみたいなんですが、多分友達が買ってくれたのかなと思っています。わかりませんが!笑

 

実際、わたしは周りと比べて絵が下手だったんですよね。

周りには絵が上手い同級生や先輩たちがゴロゴロいました。

 

ですが、友達や部活の中では日常的にイラストを描く習慣があり、毎日のようにお互いに見せ合ったり交換したりしていました。

 

放課後にイラストを描いて、「できた!」と見せるとお世辞だろうが何だろうが褒めてくれる人がいて、しかも「その絵をちょうだい!」とまで言ってくれる。

そんな環境が6年も続いたから、絵が下手なわたしでも絵を描き続けてこれたんだろうなと思います。

 

インターネットを使い始める

社会人になったわたしは、自分でパソコンとペンタブを買ってデジタル絵を描き始めました。

インターネットも自分の好きに使えるようになったので、描いた絵はSNSなどで公開し始めました。

 

するとどうでしょう。

 

友達でも何でもない、全然知らない人が「かわいい!」「かっこいい!」「てすらさんの絵すき!」とか言ってくれます。

これはたまらん。

学校でやってたのとは比べ物にならないくらい承認欲求がドバドバ満たされます。

 

友達や部活の人って、やっぱり付き合いで褒めてくれてた人もいると思うんですよ。

わたしにも実際覚えがあります。

その人の絵はとくに好きではないけど、何も言わないと傷ついちゃうかな…みたいな。

そして、自分もそういう扱いなんだろうなって、どこかで思っていたんですよね。

 

ところがインターネットでは付き合いなんか何もない人が、ただ自分の絵が好きだと言ってくれる。

わたしにとっては身近な人の評価よりも、ずっと信頼できるものでした。

 

嬉しくなったわたしは、周りとか関係なくただ自分が描きたいから絵を描き、いろんな人の絵を真似し…

ついに自分一人でサークル参加するまでになりました。

 

 

でもやっぱりわたしは下手なんだよな

インターネットにはたくさんの人が居ますから、周りを見渡せば上手な絵を描く人なんて掃いて捨てるほどいました。

そういう人たちに近づきたくて練習とかもしました。

でも練習すればするほど、絵は楽しくなくなりました。

 

ここでわたしは気が付きます。

自分なりに絵が成長していそうなときのパターンが2つあることに。

 

 

この2つの違い。

 

①は気軽に「これかわいいから真似しよ!」と他の人の技術をただ真似している

②はまず「上手くなるための練習」を始めて人のイラストを模写するも、具体的に「ここかわいい!」が発見できていない

 

という違いがあるかなぁ、と思います。

 

そしてこのとき、わたしが楽しいのは①のほう。

つまらないのが②です。

 

そして、多分ですが上手い人は①の状態になるアンテナが広いのでは?と思います。

 

で、わたしは趣味でイラストを描いてるだけなので①しかやりたくないなと。

仕事で絵を描いてるわけでもないんだし。

それでも好きだと言ってくれる人はいるし。

 

そう割り切って絵を描くことにしました。

すると不思議なことに、自分が何を表現したくて絵を描いてるのかわかったような気がしてきます。

上手に思われたくて描いた絵と、自分の頭の中をアウトプットした絵では何か表情が違います。

 

後者の「比較的いい表情をしている絵」の割合が増えてくると、自分でもこう思えてきました。

 

「まあ、すごいきれいな絵とかは描けないけど、わたしはこれでいいか」

 

線の細かい繊細なイラストや、色彩がキレイなイラストには今も憧れます。

でも憧れと自分の絵が同じじゃないからって、自分の絵の価値がゼロになったりはしない。

そういう風に心から思えたのは、26歳のときでした。

 

今でも一般的に言ったらわたしの絵は下手です。

pixivにイラストをアップしたりしていますが下手です。

 

それでも、描いたイラストは自分の分身のように、あるいは子どものように大切に思っています。

 

いま、「自分は絵が下手だから自分の絵に価値なんてない。やめちゃおっかな…」と思っているあなた。

もしかしたら、5年後か10年後には、「まあ、それでもいっか」と思えるかもしれませんよ。

もちろん、絵を描くことそのものがつらければやめちゃったっていいし、また描きたくなったら描いてもいいんです。

 

ただひとつ、自分の絵を「好きだ」と言ってくれる人がひとりでもいるなら、その気持ちをありがたく受け取って、ちゃんとしまっておきましょう。

ヘタクソで誰かにとっては価値がない絵でも、誰かにとっては価値のあるイラストかもしれません。

 

それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください